Izumi Family Chiropractic and Wellnessのホームページへようこそ!

体験談


体験談

体験談


 私は長い間、臨床心理士として、大学でカウンセリングに携わってきました。その頃は、学生がどんな問題で来談しても、どうにか改善できると自負していました。

 そんな私でしたが、数年前夫の仕事の都合でニューヨークに引っ越し、学生時代に住み慣れていたニューヨーク生活への適応にとても苦労しました。特に、仕事を辞めたことは大きく、子供達との異文化適応の中で、自分ではコントロールできないいらいらに悩まされた時期でした。

 それから抜け出すために様々なことを試し、ずっと興味のあった、幸せを科学する「ポジティブ心理学」の認定コースを受講している頃、「警察に補導される思春期の子たちの9割が低血糖」という統計を知り、栄養と心の関係について以前より興味を持ちました。

 時を同じくして、ニューヨークウエストチェスターの友人の多くから、和泉先生の栄養指導についてよく聞いていましたので、ある日、先生の開かれていた健康講座へ参加させていただきました。2015年の4月のことです。

 講座のあと先生に、17歳の頃からずっと続いていたひどい肩こりについて少しお話しすると、「食べ物のせいですね。食べ物を改善すると良くなりますよ」とおっしゃったので、びっくりしたことを覚えています。

 私はコンピューターで仕事をすることが多かったので、そのせいだと思っていたのです。先生のお話しでは、油が足りないということで、その後上質の油を多めに取り、食生活を変えるとすっかり良くなりました。

 それだけではありません。その頃私は、健康診断で医師に相談しても異常がないと言われ、改善することを諦めていたさまざま症状を抱えていました。肩こり以外にも、不眠症で睡眠薬に頼っていましたし、貧血気味でとても疲れやすく、心理学の講座を開催していたのですが、大きな講座のあとは夕方からソファーに横になっていないといけないくらいでした。

 月経前症候群もひどく、生理の前2週間くらいからイライラして、この時期に子供達に一番きつく当たってしまっていました。心理学の膨大な知識から、叱っても効果がないことを理解しているのに止めることができず、いつも後で後悔していました。

 しかし、先生の指導で食事を変え、デトックスを3週間した後、びっくりすることにこれら全ての症状が消失したのです。特にデトックスをした3週間は、メラトニンという睡眠薬を飲まなくてもあっという間に眠り、それまで何十年も経験したことのないような深い眠りにつき、朝は自然と目覚めます。血液検査の貧血も正常値まで改善しました。全く疲れなくなり、夜になっても何かしたくて、家がどんどん片付いていきました。

 月経前症候群も全くなくなり、この3週間は子どもたちに一度も叱らなかった、という自分でも信じられないことが起こりました。叱られないと子供達もとっても安定して、こんなにいい子だったの?というくらいいい子でした。そして夫との喧嘩もなくなりました。

 また、肩が痛くてあげられない40肩の症状がちょうど出てきていました。これも、フィジカルセラピーに行ってとにかく動かしていた時はあまり改善せず、私はもう一生肩が上がらないのかと悲観的になっていましたが、食事を変えるとすっかり良くなりました。

 私は「魔法」という言葉が好きではありませんが、この経験は、魔法にかかったかのようでした。何十年も悩まされ、生活の質を下げていた症状が、半年の間に全て消失したのです。それまでは、全ての問題を「心理学」で解決しようとしてきたけれど、うまくいかなかったのは、体が良い状態でなかったのだと理解できました。

 生活習慣を見直し、体の状態をよくした上で心理的なスキルも合わせれば、より効果的な支援ができると感じ、私の心理学のセミナーで和泉先生の生活習慣のことを紹介するようになりました。すると、受講していた方の多くが、生理痛やその前のイライラがなくなり、子どもに当たることがなくなり、日中眠くなることが減り、エネルギーレベルが上がったという報告を受けました。私だけでなく多くの方に効果があるのだと感じました。

 和泉先生は、健康診断ではひっかからない、このようなさまざまな人生の質を下げる症状の辛さを真剣に受け止めてくださった初めての医療関係者の方でした。なぜその症状が出ているのかの説明はとてもわかりやすく、世界がどんどん広がっていくようでした。

 先日3週間の日本での仕事を終えて、一昨日ニューヨークの自宅に戻ったところです。2週間の間に、8つのセミナーやイベントがあり、350名の方にお会いしました。日本到着翌日からセミナーというハードスケジュールで、私も周りの方も心配していましたが、生活習慣を改善したことで、全く疲れることがなく終えることができ、1年前の先生との出会いを改めて感謝する旅となりました。

 和泉先生の治療は、まだ病気ではないけれど健康でもない、そのために自分の強みを十分に発揮できていない多くの方々の、幸せや自己実現に大きく貢献できることでしょう。そして体が改善されると、自分のなりたい自分になれ、成し遂げたいことが成し遂げられ、その変化に驚かれることと思います。

2016年8月10日  感謝を込めて ニューヨークライフバランス研究所代表 
                   松村亜里 (医学博士・臨床心理士)

小学入学前から花粉症に悩まされていた私は、
春が嫌いで、アレルギー性鼻炎の薬を飲んで乗り切る、
それが対処法として唯一の、
「今年はひどかった」、「前の年は症状が軽かった」
それ以外になんの疑問も持たず、選択肢もない、
という生活を20年ほど続けていました。

妊娠の道も容易なものではありませんでしたが、
幸い子供を二人出産するうちに、
花粉症が軽くなり喜んでいたのもつかの間、
今度は風邪かと思われる咳がなかなか止まらなくなりました。
夜も眠れず、吐きそうになりながら、胸が苦しくなりながら、
咳に苦しむ日々がスタートしました。

重なる薬代に、病院の勧めもあり喘息認定を取得し、
相変わらず咳は出るものの薬生活を続けていた矢先に
夫の転勤でアメリカ東海岸へ。
冬の寒さは半端なく、9月の終わりから3月まで、
もう咳が止まらない毎日が一年のおよそ半分。
冷たい空気を吸うだけで咳き込む毎日、
苦しくて救急に駆け込んだことも。

受診して処方される薬は日本と同じ。
既存の吸入薬も飲み薬も効かず、
ただ、ただ、苦しい秋冬。
途方に暮れていた中、
和泉先生のお話を以前より周囲の方々から耳にしていたことを
思い出しました。
友人の勧めがあり、
デトックスのお話をききに出かけました。

予想しなかったご講義の中で、
先生のおっしゃるアレルギーの出やすい生活の
ほぼ全てが私に当てはまりました。いえ、
私の事をおっしゃっているようでした。

喘息とアレルギーの関係すら知らなかった私。
野菜をよく食べていましたし、
料理もお菓子作りも大好きでしたから、
食事には気をつけていたつもりでした。
一方で食べる事が大好きで、気になるものは全てトライ、
疲れた時は特に甘いものの力をかりていましたが、
丈夫な方である、と自覚していた自分。
咳は苦しいけれど飴を舐め、薬を使い、
なるべく寒い季節はおとなしくしていればいいと
思っていた自分。

その全てを根底から覆されるようなお話に、
もっと先生のお話を伺いたい、とその場で思ったのでした。

身体の歪みをとり、睡眠と運動、そして
薬に頼るのではなく、自分の身体を作る大事な食生活。

毎回、歪みをとっていただきながら、
まるで塾のように、繰り返し確認しながら、
身体の仕組みと栄養について伺うお話、
面白くてたまりませんでした。
何か身体の痛みがあってご相談すると、身体の動きに加えて、
何かが足りなかったりと理由づけが理解できました。

疑いを持っていた家族が一番に驚きました。
なぜなら、始めておよそ一ヶ月で咳が嘘のように止まり始めたのです。
以前の薬も一切不要になりました。無くても体調がおちついています。
その結果がハッキリと出て、驚いたのは本人だけではなかったのです。

と、同時に、
知らなかったということが
どんなに恐ろしいかも気づかされました。

妻であり、母である私には
家族を守り、育てる役割があります。
家族の身体も健康も、そして心の成長をも助ける役割があります。

私が変わったことで、家族も随分変わりました。
食事を少しずつ、できる範囲で意識していくと
怪我以外で病院に行くことが本当に少なくなりました。
薬を飲むことなく、自然に回復するようになりました。
子供達自身も関心をよせるようになり、
買い物の時点で身体にいいものかどうか興味を持つようになりました。
病気になって病院にいく、
その当たり前と思っていたよりも以前に
やるべきことがありました。

おかしいなーと思う症状を見過ごさず、
病気になる前の、先生のおっしゃる「未病」の時こそ、
できる事、気をつければいい事があるのです。

子供を授かる前に先生にお会い出きていたら、
アレルギーで悩んでいた時に早くにお会いできていたら、
と強く思います。

今、苦しんでいらっしゃる方、
薬さえあればなんとかなるとおっしゃる方々、
人間ドックの結果にでないけれど、体調が優れない、という方
一人でも多く、
今のご自身の体調に向き合って、何が必要なのか、
薬に頼らず、自己免疫力を上げる方法をみつけられたら
と願うばかりです。

外に出てスポーツを楽しみ、
季節の移り変わりを楽しめる毎日、感謝しています。

ATさん

食事を変えてアトピー性皮膚炎が完治し、日々の体調も抜群に!

私の和泉先生との出会いは2014年7月にテニス後の膝の痛みと腕の筋肉の傷跡がカイロで治らないか相談しに訪ねたのがきっかけでした。無料コンサルテーションを経て行った初回検査では、健康上の問題や気になること、日々使用しているサプリや薬などについても細かく聞かれたので、私が長年アトピー性皮膚炎も患っていることもお伝えしました。

私のアトピー性皮膚炎は結構重症で、瞼など顔の一部、首、腹、背中、脇腹、腕や足と体中に湿疹が出ており、常に顔や体のどこかが痒くて掻いている状態で、周りの人の目にもついていたと思います。また湿疹に覆われた肌を人前に晒すのが嫌で、海やプールには行けませんでした。
日本やアメリカの皮膚科、アレルギー科へ行っても即時型アレルギーの血液検査だけをされ、処方されるのは抗ヒスタミン薬とステロイドの塗り薬ばかりで、今思えば和泉先生に出会うまでは根本的な治療はありませんでした。

膝の痛みの原因と思われる骨格の左右アンバランスを直す治療のため、和泉先生の元へ通い始めたのですが、施術の都度和泉先生は健康や食事に関わる有用なお話をたくさんしてくれました。遅延型アレルギーの存在、リーキーガット、自己免疫疾患、グルテンが引き起こす様々な弊害などについて通院を重ねていく中でお教え頂いたのですが、今思えば通い始めた当初から「貴方の肌の問題は食事で治る」と言われていました。そして今でも忘れないのは、ある日の施術の最後にとても慎重な口調で「もし大木さんが将来いつか、例え10年後でもやってみようと思いたったら、小麦、乳製品、お酒を断ってみて下さい。そうすれば絶対にお肌は治ります」と言われました。正直、内心直ちに思ったのは「そんなの絶対無理!」。
私は食べることが大好きで、小麦製品や乳製品に好物がとても多かったのです。朝食は小さい頃からパン食が基本で、ラーメンやパスタも大好きで週末には手打ちパスタをよく作っていました。また甘いものも大好きで、ケーキやクッキー、アイスクリームもしょっちゅうデザートに食べていました。お酒は強くないものの飲むのは好きで、週に4、5回は飲んでいました。これらの食べ物を断つことは自分にとって選択肢であるわけがないと思っていました。

それでも先生からお教え頂いたことで出来ることはやろうと、 大好きだったコーラは一切飲むのをやめ、食事の際の咀嚼をなるべく増やし、オーガニックの食材をなるべく食べ、野菜の摂取を増やすために毎日会社へランチとしてサラダを持っていくようにしました。また、抗ヒスタミン薬は飲むのを止め、ステロイドの塗り薬も極力使用しないようにしました。
しかしアトピーの症状は悪化するばかりで、体の湿疹は広がり、薬を断ったせいで痒みも酷く、痒さのあまり夜中に目が覚めてしまうこともありました。また挙げ句の果てに、湿疹に重なる形で小さな赤い発疹が脇腹や間接周りにポツポツ出始め、ステロイドを塗っても消えないので途方に暮れました。そんな私を見て和泉先生は「肌の状態は、腸内環境の現れですよ」とか、時にはストレートに「腸内環境が汚いんですよ」とご指摘。またグルテンが引き起こす肌荒れの事例の写真が私に出始めた発疹とよく似ていることを見せて下さるなど、ひたすら食事を改善することを促すジャブを打ってきました。

そして2015年の2月。出張や外食が続く中での暴飲暴食がたたり、私は生まれて初めて胸焼けがするようになり、食事をすると気分が悪くなるようになってしまいました。これをきっかけに、どうせまともに食事ができないのなら、効果的な食事制限をしようと思い、先生から幾度か勧められていたデトックスを2週間だけやってみようと決意しました。思い立ったらすぐに先生に電話し、サプリの用意と指示をお願いしました。
デトックスの内容は、小麦を初めとする穀物、乳製品、酒、砂糖、カフェインは一切断ち、主に肉、野菜、一部の果物、骨を煮出したブロスを中心とした食事をし、各種サプリ(肝臓による解毒を促すもの、腸内の悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やすものなど)を摂取するものでした。
やると決めたからにはちゃんとやろうと、忠実にこれを守り実行したのですが、驚いたことに一週間ほどで湿疹や発疹が薄まり、二週間後にはほぼ消えそうになっていたのです!喜んで和泉先生に報告すると「よし、そのままもう少し頑張って続けよう!」と、もう2週間食事制限を続けるよう指示を受けました。私は当初2週間だけなら我慢できるだろうと思って始めたデトックスでしたが、肌の状態の劇的な 改善は目を見張るものがあり、もう2週間継続することにしました。なお、このデトックスの合間に食物の遅延型アレルギーを確認する血液検査を行ったところ、グルテンと乳製品に加えて卵もアレルギー反応が確認され、卵も食事からカットすることになりました。デトックスを更に2週間続けたところ(デトックスを始めて計4週間)、肌からは湿疹も発疹も全て消え、ここ数年間見たことのない綺麗な状態になっていました。和泉先生に喜びの報告をすると、先生も心から喜んでくれました。しかし、腸の状態が完全に回復するには2ヶ月はかかるとして、先生は食事制限を更に継続することを勧められ、私は結局2ヶ月間デトックスを続けました。

デトックス中は肌の状態の回復だけでなく、便通がよくなり、たまにしていた下痢も一切しなくなりました。また、私は朝起きるのが苦手なのですが、デトックスを始めて一週間くらいから朝の目覚めがとてもよくなり、毎朝目覚まし時計が鳴る前に起きられるようになりました。しかし何よりも嬉しかったのは、やはりアトピーが完治し、肌が綺麗になりあの痒さから完全に解放されたことでした。

以来私は小麦、乳製品、卵を断った食事を継続しています。食べられなくなった食べ物がたくさんありますが、その見返りとして肌の状態と胃腸の調子は変わらず良好ですし、お肉など他に好きな食べ物もありますので、慣れてしまえば意外と苦になっていません。お酒だけは変わらず飲んでいますが、なるべく休肝日を挟むようにしています(笑)。和泉先生のお教えによりますと、小麦などのアレルギーは肌以外にも多くの問題を引き起こすことがあり、将来の大病に繋がることもあるとので、私は食事を変えたことにより寿命が10年は延びたかもしれないとのことです(笑)。健康のため、この食生活を一生続けていこうと思っています。和泉先生、本当にありがとうございました!

大木晴信さん

和泉Wellnessの体験談

私は2009年から和泉先生に診ていただいております。長年日本の会社に勤め、長時間の勤務とストレスの中で生きていた最中、体に異変を感じたのは40代半ばの時でした。数ヶ月の間、左肩の異常なこりに悩まされた後、外科の専門医に見ていただくことにしました。
外科医の先生の指導により、フィジカルセラピーを始めたのですが、しばらくすると、最初に右の人差し指が少ししびれるようになりました。そのうちに右手の肘から下がしびれたり、手首が痛むようになりました。さらに、同じような症状が左手に出始め、右足首、左足首と広がって行きました。それと並行して、睡眠が思うようにとれなくなりました。座っているときに特に気分が悪く、また、ベッドで横になっても手足にしびれや痛みが走りさらに眠れなくなるという悪循環で、まさしく寝ても覚めても、24時間休まることがない状態でした。

MRIを撮り、神経科の専門医による神経のテストなども受けましたが、はっきりした異常は出ず、原因が全く分からないままに体調がどんどん悪くなって行く状態でした。何をするにもやる気が出ず、仕事でも集中力に欠け、これまでできていたことができなくなり、気持ちも落ち込むばかりでした。

その後、鍼の治療によって多少は回復したものの、最後の頼みはカイロプラクターしかないかと考えて始めた頃、和泉先生、路子さんのご夫婦に出会いました。

和泉先生の診断は、頭が右に少しずれていることによる左首、左肩への負担、栄養不足による肉体的ストレス、さらに精神的ストレスなども重なって、体が限界に達して耐えきれなくなったのであろう、とのことでした。要するにある年齢に達し、これまでのライフスタイルに体が耐え切れる限界を超えたと言うことでした。

和泉先生の治療は、首の調整や運動、必要な栄養を正しい食事を通じて体に与えてあげることで、体が元々持っている治癒力を引き出すという、豊富な専門知識に裏付けられた説明は、非常に納得のいくものでした。要は体を正しい状態に整え、良いものを与えてあげれば治らないはずはない、ということです。

治療を始めてすぐに、歩くときのバランスが変わりました。首を少しいじっただけなのに非常に不思議でしたが、右足の指や足首にあった痛みは改善され、しばらくするとほとんど痛まなくなりました。また、2、3ヶ月すると寝付きは元のようによくなり、睡眠の質も劇的に改善されました。
手足のしびれは多少残ったのですが、体全体が強くなったため、意識しなければ気にならないレベルまで改善しました。和泉先生の指導を受け始めてから、人間ドックの結果は毎回良くなり、50を超えた今、人生の中で最もよい血液検査の結果が出ています。
その他、 当初想定していなかったプラス面としては、便通の改善(今は一生で一番良い状態です)、肌の状態が劇的に良くなったこと(以前は冬場になると必ず体中に発疹が出て、乾燥肌かと思っていたのですが、数回のデトックスの後、全く発疹は出なくなりました)、さらに30年間治らなかったテニスエルボーが完治(特に肘の治療を受けたわけでもないのに自然に治癒しました)など、多くのメリットがありました。

また、人間ドックの検査や、歯科、眼科での定期検査、メインテナンスを除き、この六年間、一切医者にはかかっておらず、薬もとっていません。家にも「常備薬」は必要ないので、バンドエイド以外は何もありません。インフルエンザの予防注射は、長期的に体への悪影響が懸念されることを知り、5年ほど予防注射は受けておりませんが、インフルエンザどころか通常の風邪をひくこともなくなりました。

以前に外科や神経科の治療を受け、フィジカルセラピーを受けていた時は、それぞれのドクター、セラピストに会う時間を取り、料金を支払っていたため、経済的にも時間的にも大きな負担がありましたが、和泉先生からは治療、栄養指導、運動指導などを一度に受けられるので、患者の側からすると非常に助かります。

また、和泉先生は一度の治療に45分も割かれ、こちらの話をじっくりと聞き、丁寧に説明していただけます。効率良くお金を儲けたり、ビジネスを大きくすることを目標にしていれば別のやり方もあるのでしょうが、和泉先生の治療はまさに患者の側に立ち、寄り添ってくださる良心的なものです。

体を悪くする前の私は、決して「不摂生」をしていたわけではなく、むしろ平均レベルの日本人よりは健康的な生活をしていたと思います。食事もそれなりに気をつけており、一般的には健康的と思われている食生活をしていたと思います。

結局のところ、多くの人が正しい知識を伝えてくれる人、正しい指導をしてくれる人が身近にいないために、健康を失ったり、取り戻すことができないのだと思います。世の中には健康を得るためのいろいろな情報が氾濫していますが、多くの場合、断片的な情報にとどまり、正確で包括的な情報を得る場や機会はほとんどありません。また、どこに行けば、正しい情報が得られるのかも分かりません。体を作っているのは食事なのに、医者に行っても何を食べているか聞かれることはありません。

和泉wellnessで得られる価値のある知識を、ニューヨーク近辺に在住している私たちだけにとどめておくのはあまりにももったいない、というのが率直な気持ちです。
和泉先生は日本からも参加できる健康講座をインターネットで公開していますので、少しでも多くの方が参加され、健康と生きる活力、意欲を取り戻されるきっかけとなることを切に望みます。

コネチカット州在住 M.A.

和泉ヒロ先生と路子先生の元で治療を始めたとき、私は極度の疲労感、不眠症、体の歪みからくる首と腰の痛み、右手から右の肋骨にかけてはしる神経痛を患っていました。
姿勢は悪く、いつも立つと体が左に傾いていました。また、消化が弱く、膨満感で悩まされていました。足首はいつも浮腫んでいる感じでしたし、鼻水が喉に流れる後鼻漏と頻繁に鼻血もでていました。
上部頚椎のゆがみを矯正することと適切な運動療法によって筋肉と骨格のバランスと姿勢が改善され、首と腰の痛みは大幅に減少しました。そして、よく寝れるようになり、日中疲れることもなくなりました。体の栄養状態を調べたところ、色々な栄養が足りないことが解かりました。食生活を改善し消化酵素を含む適切な栄養サプリメントを摂取することによって、体に効率よく栄養素が供給されるため、筋肉が強くなり、立つ時、座る時、歩く時により良い姿勢を保つことが容易になりました。
また、タンパク質、良質の脂質を取り入れることによって、足首は浮腫まなくなりましたし、抜け毛がずいぶん減りました。
最近では、鼻水が喉に流れることもよくなっています。恐らく体がアレルギー反応を起こしていた食べ物(小麦)を食事から取り除いたことが大変有効であったと私は考えています。
こんなに健康と感じられるようになったことを可能にしてくれたこと、また過去に何度も導きと励ましが必要だった時に、知識と思いやりを持って対応してくださったヒロ先生と路子先生には本当に感謝しています。

アリス・ヴェリーコ

When I begun treatment with Drs. Hiro and Michiko Izumi I was exhausted and had difficulty sleeping. I had neck pain, low back pain due to subluxations (C1, C2, L4, L5) and pain in my left arm pit which radiated to the upper right rib cage.
My posture was poor. Upon standing I was tilted to the left side. I had poor digestion with bloating in the abdominal area. My ankles swelled intermittent, and my hair was beginning to fall out. I had a constant post nasal drip and frequently my upper sinuses would bleed.
Adjustments to the upper cervical spine and the suggested targeted exercises helped to improve the muscular imbalances that were contributing to my neck and lower back pain. I am very happy that I no longer have neck pain, rarely have lower back pain and my posture has definitely improved! I now sleep better and have more energy during the day. An analysis of my nutritional deficiencies indicated the needs for improved nutrition, supplements, and digestive enzymes. Since my body is utilizing food better, my muscles are stronger and my ability to hold good posture as I stand, sit and walk is much improved.
With the addition of more protein and more good fats and fatty acids to my diet, my ankles are no longer swollen and my hair loss is stopping.
Most recently the post nasal drip is much less. I believe that doing the gentle exercises to improve lymph flow and by eliminating a possible allergen, namely wheat from my diet, the amount of mucus in my sinuses is significantly less.
I am very grateful to Dr Izumi for making it possible for me to experience a general feeling of wellness as I continue to improve.
There were many times I needed direction and encouragement. Dr Izumi always responded generously with knowledge and compassion.

Alice Verrico

私は舌の先の焼けるような感覚、逆良性食道炎、膨満感を伴う消化不良、便秘などの症状を持っていました。それらに対する解決策が与えられるように私は神様に祈っていました。そのような中で示されたのが、ある雑誌の中で見つけた和泉先生の記事でした。記事の内容で、和泉先生のクリニックでは、逆流性食道炎、便秘、下痢、リーキーガットなどの消化器系の問題の治療を専門にしていると書いてあったのを見て、診療を受けることにしました。それらの症状以外にも、頻繁に首や肩、腰に痛みを感じることもありました。
和泉ひろ先生と路子先生は酵素療法と上部頚椎カイロプラクティックで治療をしてくださいました。尿検査、触診、問診を行った結果、消化器臓器の機能低下と胃腸の粘膜が弱っていることが解かりました。
新しい発見だったのは、どんなに栄養のバランスがとれた食事をしていても、消化吸収が正しく行われていなければ、食事に含まれている栄養素を活かす事ができないということです。
消化酵素を摂取し、食事の内容を改善し、上部頚椎カイロプラクティックの治療受け始めて数ヶ月の間にほぼ全ての症状は劇的に改善されていきました。また、体臭、特に足の匂いが消失したことにも気が付きました。
人生が変わるほどの体験を私にもたらした和泉先生ご夫妻を私は尊敬し、感謝の気持ちでいっぱいです。
去年から、私は精神的に不安と恐れを感じるようになっていましたが、和泉先生は心と体の関係を修復するという(西洋医学では無視されている)、ホリスティックな治療を行ってくださいました。その結果、内面外面両方において強くなったと感じています。気分が以前よりもずっと落ち着いていますし、恐れや不安を感じることも減りました。今では人生の中で困難や試練がおとずれても、動じることは無く、そのことを私は誇りに思っています。
私にとって先生でありまた友でもある和泉先生ご夫妻にめぐり合わせてくれた神様に私は感謝しています。これから多くの方が和泉先生ご夫妻の、知識、技術、心からの思いやりで癒されることを私は祈ります。

ニコラス・コルヴィーノ

I was suffering from a burning tongue, and reflux and very bad digestion which included gas pain and constipation. I prayed for a solution and was led to Dr Izumi through an ad in a magazine called Natural Awakenings. Ad was all about digestion issue e.g. acid reflux, chronic constipation, leaky gut etc. I also had frequent pain in my neck, shoulders and lower back –even after years of traditional chiropractic treatment.
Drs. Michiko and Hiro Izumi provided Enzyme Nutrition Therapy and Upper Cervical Chiropractic. Part of the cure for my digestive issue was a urine analysis which concluded that mucosal lining was damaged. I was taken with their knowledge that us can be eating all the right foods and still not be digesting properly and thus not benefiting from the nutritional content of these foods. Within months of taking enzymes, cleaning up my diet and upper cervical chiropractic, the burning tongue, digestive pain and constipation, the pain in my neck, shoulders and lower back gradually lessened and eventually stopped. I also noticed that my body generally smells better, especially regarding foot odor, which no longer exists.
We can take the removal of pain in our life for granted, but I want to express my respect, love and gratitude to Drs. Hiro and Michiko Izumi for their life changing effects on me.
Within the last year or so I have been experiencing severe anxiety and fear. Dr Hiro Izumi took a steady, deep interest even in my emotional well being, which serves to accent the holistic approach – the relation of mind and body, so neglected in “Western Medicine” in general. I am now taking herbs and Dr Hio Izumi has been doing NAET treatments – an approach design to balance my inner response to emotions like fear, anxiety, love etc. in relation to my response to events from the outside world.
Most recently I have been visibly and internally stronger, calmer and less afraid and anxious. Now when life presents its challenges and surprises, my response is more one that I am proud of. Dr. Hiro Izumi has been a friend as well as my doctor. I thank God for guiding me to Izumi Wellness. I pray that many many people will benefit from their knowledge, expertise and genuine compassion.

Sincerely,
Nicholas Corvino

雑誌の記事を見て診療の予約をとりました。私が持っていた問題は橋本病でした。検査の結果、慢性ウィルス感染、極度のたんぱく質不足、リーキーガットなどが問題の根本原因であると指摘され、小麦、乳製品、砂糖を食事から取り除くことを指示されました。最初はこれまでと全く違う食生活に戸惑いましたが、この食事を初めて比較的短期間で体調か改善し始めました。エネルギーが湧き出て、気分が落ち込むことも少なくなり、生きている喜びが戻ってきました。
甲状腺の機能が低下(橋本病の影響で)していたため、なかなか妊娠することが出来なかったのですが、治療を初めて1か月半後私は妊娠をすることが出来ました。これは奇跡だと思っています。また慢性的な腰痛も私は患っていました、痛みがあまりにもつらいため、運動はまともにできませんし、ながく歩いたり、仰向けになって寝ることさえもできませんでした。数多くの医者に診てもらいましたが、痛み止めを処方されるか、骨折はしていないから問題ないといわれるだけでした。その問題を和泉先生は1回の治療で治してくださいました。まるで、新しい足をもらったような気分でした。また私は耳のすぐ下に鋭い痛みがありました、耳鼻科の医者から顎関節症と診断されました。この痛みも和泉先生はあご関節を調整してくださり、これも1回の治療で痛みは消えました。和泉先生には感謝しても感謝しきれません。
私には2歳の息子がいますが、何度も中耳炎を繰り返し、耳に管を入れていました。数か月前にその管が半分はずれてしまい、耳の中に水が溜まっていました。耳鼻科の先生は6週間以内に水が抜けなければ、もう一度耳に管を入れる処置をしなくてはいけないといわれました。和泉先生に治療していただいたところ、耳から水は抜け、中耳炎を起こすことも一切なくなりました。
和泉先生は飾らない、落ち着いた方です。先生に会った瞬間に気分がよくなるのを感じると思います。もしもあなたがこの体験談を読んでいるのなら、すでにあなたの癒しが始まっているといえるでしょう。

ソーミャ

I came to know about Dr Izumi from a magazine called Natural Awakenings. I went for my first appointment as I had Hashimoto Thyroiditis. Doctor told me I had a chronic infection, extreme protein deficiency and a leaky gut, and advised me to go on a grain free, sugar free and dairy free diet. It was frustrating in the beginning but I soon felt way better than before. I had more energy, less mood swings and felt very lively.
I got pregnant just after a one and half month, that’s a miracle as it’s very bad for women with hypothyroidism to get pregnant naturally. I had a pain in my lower back for many years. I could not exercise, walk for a long distance or just lay flat. I went many doctors but they would either give me pain killers or say there is no fracture. Finally, Dr. Izumi made it good in just one appointment. I felt as though I had a new leg with no pain. I was diagnosed with temporomandibular joint disorder by my ENT and had a lot of pain near my ear. Dr. Izumi adjusted my alignment problem with one appointment. I cannot thank Dr Izumi enough for what he has done for me.
My son is two years old and has cochlear tubes in his ears. Just one year after his surgery, ENT doctor told me he has fluid in his ear and his tubes are 50 % out. He told my son has to go for surgery again if the fluid does not drain in 6 weeks. Dr Izumi was the one who rescued my son from going to surgery again with his chiropractic care. Because when ENT doctor checked again there was no fluid.
He is a very simple and peaceful person. Anybody will feel well the moment you meet Dr. Izumi. If you are reading this testimonial means you are already on your journey to a healthy happy life.

Sowmya

私たちの体は食べたものでできている。このコンセプトは健康、人間関係、人生へのアプローチなどいろいろな側面に反映されていると思います。何を考え、感じ、どのように行動するかなどは全て毎日の食事に大きく影響を受けています。
私が和泉先生の診療を受けた理由は、右肩の痛みでした。この痛みは日々の生活の大きな妨げとなっていました。右肩の痛み以外にも、月経全症候群、偏頭痛、不眠症、鬱などを長い期間患っていました。和泉先生の診断は副腎疲労、肝臓の機能低下、リーキーガットでした。すぐにすべての穀物(コメ、小麦、トウモロコシ)、乳製品、砂糖を食事から取り除くことを薦められました。処方されたサプリメントと食事法を厳格に守りようにした結果、1か月後には、元気があふれるようになり、不眠症が改善し8時間途切れずに寝れるようになりました。右肩に痛みは減り、気分が不安定なることもなくなりました。この変化は、人間関係、自尊心を回復させ、息子との関係もよくなり、ともに楽しく過ごせるようになりました。
和泉先生は私の話をよく聞いてくれますし、質問に丁寧に答え、励ましてくれます。
また日々の食生活を正しく行うことが健康を保つ最大の鍵であることを教えてくれました。健康を取り戻すことを可能にしてくれた和泉先生に本当に感謝しています。私は38歳の専業主婦ですが、私が出来るならだれでもできると思いますよ。
スラワンティ

We are what we eat. This is reflected everywhere in life through health, relationships and approach towards life. Whatever you think, feel and act is also driven by food we eat.

I consulted Dr.Izumi for right shoulder pain which was interfering with daily activities along with fatigue, PMS ,migraines , sleeplessness and depression for a long time. Dr.Izumi diagnosed that I had adrenal fatigue, poor functioning liver and leaky gut. I was immediately put on a grain free, dairy free, sugar free diet with supplements. The first 2 weeks were extremely tough with finding substitutes for rice, wheat and trying new recipes. Then I was strictly following the diet along with supplements.
After a month, I had more energy, was sleeping for 8 hours continuously, less shoulder pain, and less mood swings. All of this led to better relationships, better self esteem and more fun with my son.

Dr.Izumi listens thoroughly, answers every question patiently and encourages. He assures that good health is a result of eating right food one meal at a time. I am grateful to Dr.Izumi for making this possible. I am 38 years old stay at home mom, if I can do it anybody can do it.

Sravanthi

和泉先生との出会いのきっかけは息子でした。スポーツで怪我の多い次男が、和泉先生のカイロプラクティックの治療を受けた際、カイロプラクティックの治療のみならず食生活も見直すことを薦めてくださいました。
「〇〇君の筋肉は、ビーフジャーキーのように硬くなっているので、食生活を変えて柔らかい筋肉にした方が怪我が減りますよ。」
というアドバイスをいただき、息子だけでなく家族全員でグルテンフリー、乳製品フリー、砂糖、白米を極力減らし、野菜、肉、魚中心の食生活に変えました。
すると、二週間ほどで家族の体に変化が出ました。
「怪我を減らしたい」と言っていた息子は腸が弱く、一日に三、四回位トイレに行っていましたが、お通じが整い一日一回になりました。朝なかなか起きられなかった長男は起きられるように、夫と私は頭の中の霧が晴れたような、スッキリした感じがしました。一番驚いたのは、家族全員おならが激減したことです。

早速和泉先生にそのことを報告すると、
「内臓がしっかりしてくると、もっと体調が良くなりますよ。」
とおっしゃいました。

私はそれまで毎年人間ドックを受けていました。結果はいつも「問題なし」と「経過観察」で、大病が見つからずホッとしていましたが、なんとなく「重だるい」体は年齢と気持ちの問題だけなのかと、少しがっかりする自分がいました。
内臓がしっかりしてくれば、この「大病はないけれど元気ハツラツではない」状態から抜け出せるかもしれないと思い、私も治療を受けることにしました。

経過観察になるのはいつも「ビリルビン値が高い」ことと「白血球が少ない」ことでしたが、これは二十代から二十年以上「経過観察」になっていましたので、そういう体質なのだろうと思っていました。加えて二十年前から夕方になると時々胃の近くが鈍く痛む症状と、十年ほど前から患っていた咳喘息を改善できないか相談しました。こうやって改めて書いてみると、私は二十代から「何と無く元気がない」状態の体を、長い間ごまかしながら過ごしてきたのだなと気がつきました。

食生活の改善に加え、サプリメントとカイロプラクティックを組み合わせて半年治療を受けたところ、「ビリルビン値」も「白血球数」も改善され、胃の近くの重い症状、そして咳喘息からも解放されました。夕方になると家事が面倒になってくる回数が減り、以前より「元気」に過ごせるようになりました。

次にそんな私を横目に見ていた夫が興味を持ちました。治療を受ける前に和泉先生に夫の日常を私から簡単に説明しました。夫は朝八時前に職場に着き、十時ごろまで働く生活を送っています。疲れとストレスのせいか、家でもカリカリしていることが多かったのですが、でもそれはどうしようもない事と思っていました。しかし先生は
「砂糖を減らすと気持ちが落ち着きますよ」
とおっしゃり、食べ物が気持ちに影響するなんてあまり信じられませんでしたが、夫は極力甘いものを控えるようにしました。サプリやカイロプラクティックの治療も受けたので何が一番影響したかわかりませんが、息子たちと
「お父さん絶対変わったよ、穏やかになったよね。」と話しています。
息子の怪我防止をきっかけに、思いがけず家族全員で体質、気質の改善が出来、とても満足しています。これからも数値に表れない体の不調に耳をすませ、年齢や環境のせいにせずに「元気な状態」を保ちたいと思います。

SSさん

免疫力アップ

免疫力向上(石井砂恵子)
免疫力向上、腰痛(37歳)


子供のカイロプラクティック

姿勢改善と免疫力向上(匿名)
生まれた頃からカイロプラクティック(山本雄大)
中耳炎(Kitamura)


喘息

喘息(鈴木栄子)
喘息(ティファニー)


アレルギー

アレルギー(武井)
アトピー性皮膚炎、アレルギー、頭痛、目まい(Isabel Tokutake)-英語


頭痛

頭痛、生理痛、免疫力向上(T.S.)
頭痛、肩こり、ゴルフの飛距離も?!(茂木博)


むち打ち症

むち打ち症、腰痛、免疫力向上(大沢淑子)


腰痛

腰痛(山田)
腰痛(東海林真由子)
腰痛、肩こり、頭痛(富園)
腰痛(Alison Andrus)ー英語


背中の痛み

背中の痛み、首のこり、体の内部の変化(乗峯奈菜絵)


肩こり

肩こり、胃の不具合(とくめい希望)


関節の痛み

股関節の痛み、生理痛、生理不順、便秘(いけだあやこ)


しびれ

足のしびれ、背中の痛み、消化不良、便秘、免疫力向上(茂木真由美)


3週間集中デトックス(Purification Program)体験談

匿名さん、2010年夏
tomotomoさん、2010年秋
JTさん、2010年秋
Buddyさん、2010年秋
MAさん、2010年秋
Jimさん、2011年春
Jimさんの奥様、2011年春
HOさん、2011年春
kanaさん、2011年春
匿名さん、2011年春
Amyさん、2011年春
YHさん、2011年春
MAさん、2011年春
brown riceさん、2011年春
YUKIOさん、2011年春
Takaさん、2011年秋
黒田朔さん、2011年秋
MSさん、2011年、秋
EYさん、2011年秋
Haruさん、2011年秋
KKさん、2011年秋

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional